法人登記

法人登記

法人登記 バーチャルオフィスはオフィスだけレンタルするサービスなので法人登記ができないところがほとんどです。しかし最近はバーチャルオフィスでも法人登記の可能ところもあるので知っておくといいでしょう。
登記は申請書や定款といったものが必要です公的手続き以外に住宅貸しサービスを受けた住所が必要です。
対応するサービスでは会社設立の登記以外に支店としても登記できます。登記先がバーチャルオフィスでも基本的に違法にはならないのでd安心です。
こういうサービスには顧問弁護士が指導を行い運営をしているので安心と言えます。
また住所貸しサービスや電話番号貸しサービスを受けたものはホームページや名刺、書類への記載もできる仕様です。
業務上は影響がない状態なので問題なく利用できます。登記のやり方は2つが用意されていて、1つは専門家にお願いする手段です。こちらは代行料金が3万円ほどかかります。自分ですることもできますが、時間と手間がかかるのがネックです。

販売者の住所を表示する

販売者の住所を表示する 実店舗ではなくネット上で取引をするネットショップの中には、代金をだまし取って消えてしまう詐欺も混じっている可能性があります。そこで消費者が安心して購入できるように、販売サイトには販売者の住所を表示することが特定商取引法で定められています。

しかし、信頼を得るためとは言え、販売者はしっかりとした店舗を持っているとは限らず、自宅などプライベートな空間で運営をしていることもよくあることです。そういうときには、住所や連絡先を公開することには抵抗を感じるのは無理もありません。
そういうときにはバーチャルオフィスであれば特定商取引法を守りつつも、プライバシーを公開せずに住みます。
ただ、そのときには表示しているのがバーチャルオフィスであることを明記しておき、何かあって開示請求されたときには販売者に連絡がつくようにしておかなければいけません。
ですから、表示するときにはそのことを住所表記の近くに文言として付け加えておくことが無難です。

新着情報

◎2018/11/15

法人登記
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

住所を納税地として申請する
の情報を更新しました。

◎2018/3/6

バーチャルオフィスの探し方
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

増加するバーチャルオフィス
の情報を更新しました。

◎2017/9/5

少ない資金で起業できる
の情報を更新しました。

◎2017/6/9

サイトを公開しました

「オフィス 法人 」
に関連するツイート
Twitter