住所を納税地として申請する

住所を納税地として申請する

住所を納税地として申請する 個人事業主が仕事をする場は自宅だと思っている人も多いですが、全ての個人事業主が自宅を選んでいるわけではありません。
都心のような魅力的な場所で仕事をしたいものの、高い賃料を支払うのは難しいという個人事業主は、バーチャルオフィスで働く選択をすることがあるのです。
バーチャルオフィスを上手に活用することができると、前向きな気持ちで仕事に従事できるようになり、モチベーションが高まるメリットが生まれます。

ただし、確定申告をするときの納税地をどうすればよいのか迷ってしまうことが多いのが難点です。
自宅であれば自分の住所ということになるため、何も迷うことはありません。
しかしバーチャルオフィスの場合、どこを納税地として申請するべきなのかが分かりにくいのです。
一般的には、バーチャルオフィスの住所を納税地として申請することになります。
したがって、あらかじめどこにあるオフィスなのかを確認しなければなりません。
正確な情報が分からなければ申請できないのです。

都市部でバーチャルオフィスを利用する際の費用の相場とは

都市部でバーチャルオフィスを利用する際の費用の相場とは 個人で起業したりインターネット上でサービスの提供を実施するようなビジネスで事務所を必要としない場合には、バーチャルオフィスを借りて事業所の所在地として表示したり登記に使用する方法があります。
バーチャルオフィスを利用する場合に支払う料金は1ヶ月単位が基本で、料金の平均的な相場は5,000円~3万円/月です。
都市部でも毎月2~3万円程度の費用で事務所を設置することができるというメリットがあります。
月極駐車場代ぐらいの基本料金なので、個人でビジネスを始める人におすすめです。
中には基本料金無料などのサービスを実施しているケースもあります。
ただし、レンタルオフィスの使用やFAX・電話対応、郵便物の受け取りや保管・管理などのサービスを利用する場合には追加料金が加算される場合もあります。
契約料は1ヶ月分の利用料に設定されているケースがほとんどなので、事務所の所在地を取得するだけであれば数万円の費用で済みます。

新着情報

◎2018/11/15

法人登記
の情報を更新しました。

◎2018/7/4

住所を納税地として申請する
の情報を更新しました。

◎2018/3/6

バーチャルオフィスの探し方
の情報を更新しました。

◎2017/11/2

増加するバーチャルオフィス
の情報を更新しました。

◎2017/9/5

少ない資金で起業できる
の情報を更新しました。

◎2017/6/9

サイトを公開しました

「オフィス 費用」
に関連するツイート
Twitter